ブログトップ
設計演習D/E2010
enshu10.exblog.jp
みなさんにお知らせ
最後の授業でもお知らせしましたが、設計演習D/Eイヤーブックを今年度も作ります!
購入希望の方は、TA野村までご連絡下さい!
費用は、約3000円を予定しています。
詳細が決まりましたら、改めてお知らせ致します。

それでは、1年間お疲れさまでした!

設計演習TA
enshu10@gmail.com
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-10 18:18 | E05
第5課題 言葉 ⇄ 空間  text ⇄ space    空間についての記述と記述の空間化
自分の記憶に残る空間について、いったんそれを(注意深く)言葉に変換し、記述してください。あるいは、自分にとって印象的であれば、誰かから聞いた空間の話や、小説の中の空間等、自分以外の誰かによる、「空間についての記述」を出発点にしても、構いません。(空間→言語)
次に、そのテキストを(他者として)読んで、描写された空間を想像し、そこに感じる魅力や特性を引き延ばし増幅した上で、再度、目に見える空間として提示してください。(言語→空間)
(この新しいイメージは、当然、元の空間とは異なります。)

・ 例えば、自分がかつて住んでいた家や、見た建物。それを体験していない誰かに伝えようとする場合、(もし手元に写真やビデオがあれば、補助手段として使うにせよ)私達はその体験を言葉に変換して、説明を試み、共有しようとします。
・ こうして、言葉によって説明された空間は、今度はそれを聞いた受取り手の頭の中でイメージされることになりますが、それは必ずしも元の空間に一致せず、大抵、少し別の像を結びます。
・ 空間は言葉に変換されることで、いったん「見えなく(invisible)」になりますが、だからこそ、いかようにも妄想され、捏造され、拡張されます。(例えばイタロ・カルヴィーノの『見えない都市』やボルヘスの『バベルの図書館』が魅力的で、読者の果てしない想像を可能にするのは、それが絵でなく文字で提示されているからです。そして、しばしば小説が映画化される際、『イメージと違う』と感じるのは、100人の読者は100通りの空間を想像しているからです。)
・ しかしそれ故に、こちらの思い描く空間を、できるだけ正確に誰かと共有したい、と思う場合、言語では限界があって、「見える(visible)」形で、提示する必要がでてきます。例えば、設計者としては、クライアントに、模型やパースをつくって(同時に言葉でも説明して)イメージの共有化を図ります。
・ つまり、空間⇄言語の往復作業は設計する際には多かれ少なかれ行っていることですが、今回はあらためて、その行き来の過程を意識してください。往復の中での、振幅を楽しみ、言葉によって触発される新しいイメージの伸張と、それを今度は、空間として表現する手法を探ってみてください。

○ 中間提出: 12月15日(水)13:00 
元となる空間を描写したテキスト 及び 原型イメージ(27cm×27cm)
○ 最終提出: 12月22日(水)13:00
縮尺自由とする模型、テキスト、コンセプト・ドローイング。用紙自由。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 23:59 | E05
川上絢子○○○○
d0158175_1717030.jpgd0158175_17163771.jpgd0158175_1716628.jpgd0158175_17154091.jpg


おばあちゃん家の階段。崩れてしまいそうな階段とそこにくっ付いてしまいそうな部屋。
山岸:先週は階段だけではない所も考えていたと思うが、今回は集中させている。ここに人がいるのはなぜ。これは果たして内観なのか。一回反転させているのか。
川上:階段と廊下と部屋だけで一回家を構成していえ、それを外から見ているというもの。
山岸:階段に張り付いている事物がある事によって単なるオブジェになっていない事がある。
山崎:前回から進む為に色々悪夢のように考えてみたらどうかと言ってみたが、悪夢にならずに素晴らしいものになっている。
古谷:おばあちゃん家の階段を記述する文章の表現がこの模型につながっている。自分が想像する階段とはまた違うけど、「部屋の中に混ざっている」「部屋や本棚を巻き込んでいる」という表現をした事が君の良さ。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 23:58 | E05
渡辺めぐみ○○○○
d0158175_17213553.jpgd0158175_17203896.jpgd0158175_17201234.jpgd0158175_17194831.jpg


高校時代の通学風景を文字にしている。バスの中から見た風景。光や影の感じを捉えている。それを美術館という形で表現している。
山岸:不思議。斜めになっているのは魅力だが、よくわからない。内部の風景と外部の風景が等価で折り重なっているという感覚を基にやっているとするなら、異なる見せ方があったはず。
山崎:これは素晴らしい所までジャンプしたな。面白い。絵のかけ方が不思議で面白い。
古谷:あのバスに乗っていた感覚をどういう言葉で表現すれば、これにつながるだろうか。美術館のエスキスでじつはこれ「バスなんですよ」と言っただけでは伝わらない。どう記述すればクリエイトする事ができるのか、そういう表現を出来ている気がする。その表現を彼女が出来た事でこの模型にたどり着けた。成功した。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 23:57 | E05
稲葉秀行○○○
d0158175_17252248.jpgd0158175_17244135.jpgd0158175_17245772.jpgd0158175_17272073.jpg


田舎のおばさんの家の空間体験。家の中に土間やテレビなどがある。奥に続いてくドア、どこにつながるか分からない廊下。内部の体験ではなく、全体を俯瞰したような体験性として表現。
山岸:これは俯瞰なんだね。真上では魅力的には見えないが、アクソメのように角度を付けてみるとどんどん廊下が続いていく感覚があって面白い。模型は土台サイズのここまでしか作って無いけど、それを感じさせる表現をもっとしても良かった。
古谷:模型を裁ち落としにした事によって続いていることが表現されているのは良い。的確な表現の方法をとっている。昔の日本の家の地面から少し浮遊している感じが伝わってきて素晴らしいが、もう一段上に行く為の言葉の記述が足りない。今は断片化したものの記述はされているが、これだけでは模型表現に繋がっていかない。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 23:50 | E05
Mees Ters Victor○○△
d0158175_17442773.jpgd0158175_17435858.jpgd0158175_17432980.jpgd0158175_17424585.jpg


steel town。都市の中に存在する音をノイズ、影として認識する事で、純粋な形を感じ取る。音を感じる事は都市そのものを感じることと同義である。
山岸:先週の段階でかなり具体的に考えていたので少し心配していた。奏でる音は美しいんだけど、本当はもっと重い音だったのでは。鉄の世界から読み替えてスモークの世界という事を表現したかったのではと考えている。
山崎:素材としての鉄、お互いにぶつかる事で生じる音に鉄としての力強さを感じた。
ビクトル:ある空間の中に存在する形というものが強調されて感じ取れる事が都市の中にいる事と同義であるとと定義した。
古谷:これはどの位の大きさなのかが気になる。この模型は一辺が100mだという。ノースケールだというのなら、これは一体何を表現させようとしているかが重要。今はまだオブジェ。これが100mの都市空間だというなら、靄に包まれた空間の中で、耳をつんざくような鉄の金属音が響いてくるというならそれは素晴らしい想像を呼び起こしている。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 23:48 | E05
林泰資○○○
d0158175_17491921.jpgd0158175_17482778.jpgd0158175_1748273.jpgd0158175_17473529.jpg


星の王子様を読んだ。対象はバオバブの木で、早く木を切らないと星を壊してしまう。怖い話だが、そもそも木を育つ為の養分を星が持っていて、成長しすぎてしまった結果、星を壊してしまう。大きな自己矛盾。提案として集合住宅を取り上げる。パブリックな所からではなく、プライベートな部分を詰めていった。外側からどんどんそれぞれのプライベートを詰めていった結果、パブリックな広場になってしまう、という空間の提案。
山岸:これも凄いジャンプ。横から見た時の台座の不安定さは話と繋がっている気がする。話を読んでジャンプしようとしてくれたのはきちんと評価したい。集合住宅にしようとしてくれてた時に、反転していくような矛盾さが出てきてくれると良かった。今はまだ模型自身にそれが表現されておらず、入り口にしか意図がないように感じる。
山崎:バボバブの木が矛盾した性質をもっているというのは表現しきれていない。説明を聞いてもよく分からなかった。
古谷:実はこれが一番良く分かった。君は説明はしていないけどこの提案に至った道筋は良く分かった。自分が自分を蝕まれていくような矛盾に満ちた感じ。成長しようとすると自分の体が蝕まれていく。どんどん奥に空間を作っていくと、実は自分を狭めていくという自己矛盾は理解できる。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 23:43 | E05
青沼克哉○○○
d0158175_1732146.jpgd0158175_17315540.jpgd0158175_1734554.jpgd0158175_17312524.jpg


村上春樹の小説ワンダーランド。パラレルワールドの世界の表現をしている。無意識の世界が現実の世界を乗っ取ってしまう提案。
山岸:こうやって前から見るとよく分かるが、横から見ると、無意識と意識の世界を知らない間に通り過ぎてしまう事が面白い。なぜ奥をふさいだのか。
青沼:壁が有無で感じられる世界感が全然違った。
山岸:パッと見たときには、奥の壁を挟んで違う世界があるという印象をもってしまう。色々な方向から見て色々な世界を感じさせる、そういう誤読をさせるような表現としてみても良かった。白い壁と茶色い壁が混ざっているのも良い。
山崎:確かに奥に壁が建っているところは残念。実際にこう視線が一方方向に抜けていくのはランドスケープなんかでやってくると良いかも。模型が奇麗。
古谷:なぜこれはハの字なのか。この造形はまだ言葉で説明されていない。片面が白いとかそういう話はあるが、このハの字の屛風が作るスリットが面白い空間を作っている。そのわずかに開いた細いスリットから向こうの世界が見えており、それが反復していくと魅力がある気がする。言葉で説明するとなるとまた難しいけど、単純なパラレルワールドではない切り込んだ世界観を提示できる可能性はある。奥の壁は特に意味はなくて、両面鏡にして永久反射しても良かった。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 23:28 | E05
風間健太○○○
d0158175_17373761.jpgd0158175_17375558.jpgd0158175_17371997.jpgd0158175_17365593.jpg


文章として昔住んでいた町で通っていた図書館について書いている。自分の為の空間を求めて書いた。都市の喧噪から切り離された空間のように、大地から切り離されている空間の提案。
山岸:この床はなんで2重にしているのか?
風間:都市から切り離されている体験を表現する為に段階的に高さを表現している。床が2重になっているのは、少しでも自分が接する床が切り離されて浮いているようにする為。
山岸:揺れているのは良い。模型として作れてしまうから作っているだけかもしれないけど、結果、表現としてよいものになっている。
古谷:詩のような表現をすることによって記述は物足りなく感じる。この場合は詩を作る事によって厳選した言葉選びをしている訳ではない。今の記述を読むと徹底的に空間の質を変容させるような記述が足りていない。今出来ている空間は面白いんだけど。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 17:38 | E05
三輪萌子○○△
d0158175_17532073.jpgd0158175_17521636.jpgd0158175_17525986.jpgd0158175_17515460.jpg


読んで思い起こされるストーリーを絵巻物の様に表現。一つの部屋の中にカエルが住んでいて、最後に部屋の外に出て行く。
山岸:少し可愛い過ぎる。内容として箱の中だけで話が完結しているもの。内部だけで出来ている空間をやりたいのかと勝手に思っていた。話としても表現としてもストーリーが作られているが、それが内と外でひっくり返っている。これはカエルがポスト、というか母屋から見ている風景。絵本の空間がそのまま立ち現れているようで不思議な空間。自分が中に入る事の出来ない空間をどうやって作るのかという事で、そのひっくり返す操作に素晴らしい効果がある。
山崎:ひっくり返して提案している所は話を聞くまでは分からなくて、これがテキストと連動しているのかは不明である。
古谷:童話があってそれを読んで自分の中に浮き上がってくる世界があった。カエルはこういう空間にいるんだろうな、という想像から具体的な空間に落とし込んでいる。しかしこの課題が、まず体験があるがそれを言葉で記述し、次に言葉を模型に表現するという2重変換だとすると、このカエルの話からこの模型へという1ウェイで出来てしまってる。私が思っていた空間がカエルがいる空間とそっくりだというその考えを形にするのが大事だ。文字を読んで最初に思い描いた空間を絵や模型で表現してしまうのではなく、言葉に置換する作業が欲しい。直接的なものではなく、曖昧な言葉で表現するプロセスを踏むのが良かった。これはまだカエルの気持ち、空間感を表現しているに過ぎない。
[PR]
# by enshu10 | 2011-04-09 00:39 | E05